品質管理

品質管理

日本のユーザー基準は世界一厳しいと海外でもいわれております。その基準に比べると海外(特に中国・東南アジア)メーカーの製品は、製品レベル、技術レベルが低く、不良率が高い、など日本の顧客の品質要求に達していないことが大半です。ただ、その中でもほんの数%の工場ですが、日本市場の要求に応えることが出来うるところも存在します。そのようなメーカーのみを開拓し、よい関係を作り、顧客に安心できる製品を届けるのがネジコの役割です。

ネジコはタイヨウシリーズの品質管理の為、自社倉庫にてドリルテストを行っています。

認定工場の選び方チャート1
① 環境
製造工程において、工場の密集地を選ぶことにより物流コストを軽減
② 技術力
製品規格に応じた材料選定、金型管理、検査頻度を設けているか。
合理的なコストをかけて品質を作り込んでいるか。
③ 品質管理
作業指導書、設備管理書類、異常処理などリスクマネジメントができてるか。
検査設備、ゲージ、検査書類など整備されている。
④ 生産能力・設備
設備能力や稼働率に応じて無理の無い生産計画をたてているか。
⑤ 会社方針
弊社、お客様の考えに近いものか。品質やコスト等どこに重点を置いているか。
⑥ 品質要求の
満足・合格性
技術力・品質管理・会社方針含めJIS規格での製造経験などあるか。
⑦ 対応力
(従業員の素質)
弊社、日本のお客様の依頼などに対してきめ細かでスピーディーな対応が
見込めるか。

①工場選定

中国・台湾工場写真

品質の高い製品のみを提供するために、高品質の製品を製造する工場の選定から始まります。実際にネジコ本社スタッフや現地スタッフが現場に行き、独自の指標で点数化し、購買の合否を決定します。

海外工場選択基準図

②現地工場での製造管理

弊社の品質要求を基に製品に反映できるよう独自の生産技術で品質に反映しております。

海外工場内の写真

③現地工場での検査・選別

抜き取り検査をはじめ、顧客様の品質要求や用途にあわせて、レントゲンによる全数選別も実施しております。1回目のレントゲン検査で異物、不良品の選別・2回目の人工による検査では外観検査を行います。
製品によっては抜取検査になっており、全数検査が難しい現地工場もございます。検査成績書・ミルシートは提供致します。

例)
・ドリルねじ込み試験 ・硬度検査 ・ゲージ検査 ・塩水噴霧試験

台湾工場品質検査
ドリルねじ込み試験

ドリルねじ込み試験

硬度検査

硬度検査

寸法検査

寸法検査

ゲージ検査

ゲージ検査

品質保証報告書

④受け入れ検査

受け入れ検査

現地工場で検査したものを、再度弊社で製品受け入れ時検査します。ネジコは合格製品のみを顧客様に納品します。
万が一異常、気になる点があれば、現地工場に即相談、場合によっては顧客様に相談します。

例)
・ドリルねじ込み試験 ・寸法検査 ・外観検査 ・ゲージ検査

ドリルねじ込み試験” width=

ドリルねじ込み試験

寸法検査

寸法検査

外観検査

外観検査

通り止まり検査

通り止まり検査

ねじりトルク試験” width=

ねじりトルク試験

ビット検査

ビット検査

振れ検査

振れ検査

リングゲージ検査

リングゲージ検査

工場出荷前検査報告
 

このページの先頭へ戻る