HOME> 取扱製品> アイボルト

アイボルトの海外製造

アイボルトの海外製造
アイボルトとは、ボルト頭部にリング(輪)が付いたボルトです。搬送したい機械本体などにねじ込んで、リングにワイヤーロープを通して吊りあげて機械を移動させる際に使用されます。別名吊りボルトとも呼ばれています。また、ナットタイプのアイナットもあります。JIS規格では、アイボルト(JIS B 1168)に定義されています。リング部分やボルト部分が破断しないよう保証荷重が設けられ、使用荷重の3倍と定義されています。また推奨される吊り方として垂直吊りと、アイボルト2本を使用する45度吊りがあります。メーカーによって、リング部が180度あるいは360度回転するタイプもあります。

アイボルトの用途

機械などの搬送

アイボルトのスペック

種類

アイボルト、アイナット
※アイボルトはボルト部(足)が長いタイプにも対応が可能です。

材質

ステンレス、鉄

表面処理

ユニクロ、生地

サイズ

ねじの呼び:M8~M100

検査方法

ねじ山ゲージ検査(抜き取り)
外観検査(抜き取り、要望により全数)

アイボルトのよくある質問

Q.納期はどれくらい?
A.サイズや仕様によって異なりますが、短いもので30日くらいから可能です。
Q.材料証明書(ミルシート)は出ますか?
A.鉄鋼メーカーのミルシートをお出しすることができます。
Q.製造メーカーはどこ?
A.主に中国や台湾に拠点を置く製造メーカーです。
Q.アイボルトの用途は?
A.橋梁や建築構造物などです。
Q.製造メーカーは中国だけど大丈夫
A.不良となるパターンはメッキ不良、ネジ不良、目付不足などです。ネジコの提携メーカーではメッキ施設を自社で持っており、外観検査も行っております。材料証明、メッキ証明も提出可能です。
Q.販売先はどういうところですか?
A.アイボルトを必要とされる商社様やエンドユーザー様などが主になります。
 

このページの先頭へ戻る